顔のしわを解消するための情報サイトです

額・おでこのしわが気になりだしたら・・・



どうしよう、しわが消えない・・・

おこで(額)のしわは、しわの中でも一番やっかいです。
あるだけで老けて見えるし、何よりメイクでもなかなか
隠せません。

自宅での簡単マッサージで解消するにしたって、
限界がありますよね。



本気でしわを解消したいと思うなら、きちんとした
アンチエイジング化粧品を使うことが何よりです。

しわの解消、よくある質問・疑問

ここでは、しわの解消についてありがちな質問や
疑問について考えてみます。


保湿していれば、しわは解消
されるんじゃないの?


確かに、しわ対策で保湿は不可欠です。
もし、あなたに小じわができているのに保湿を
なまけたら、より深いしわになってしまいます。

また、保湿をしている方が、しわができにくいのも確かです。
しかし、保湿だけでしわが解消されることは、あまり多くありません。



しわの解消なんて、自宅でのマッサージで十分でしょ?

確かに、自宅マッサージでしわが解消できる場合もあります。
しかし、せいぜい薄いしわの場合ですし、自宅マッサージだけで解消できる
ケースは多くありません。

キツイ言い方をさせてもらうと、自宅マッサージでしわが簡単に解消できるなら、
これほど美容外科が流行るはずがありません。

ただし、少なくともプラスの効果はあるので、他の方法と併用するのはよいことです。



美容整形に行けば、すぐに解消するでしょ?

即効性という点では、美容外科に勝るものはありません。
うまくいけば、深いしわだってキレイに消えます。
ですが、私はあまりオススメしません。

まず一般の女性(主婦やOL)が行くには、費用が掛かりすぎます。
1回数万から10数万なんてザラですし、何より効果が持続しないので、
何ヶ月かおきに行かなくてはなりません。


また、施術に伴うリスクもあります。

最近では、ヒアルロン酸の注射に代わって、ボトックス注射が流行していますが、
額にボトックス注射を打って、思わぬ副作用に悩んでいる女性が沢山います。
(試しに、「ヤフー知恵袋」でボトックス注射で検索してみて下さい)


こうやって比較してみると、額のしわ対策には、アンチエイジング化粧品による
スキンケアが一番
だと思います。

確かに即効性はありませんし、深いしわを完全に消すことはできないかもしれません。
ですが、美容整形ほど高額ではありませんし、何よりリスクがずっと低いです。

おでこのしわに悩んでいる方は、これを機に自分にあった
アンチエイジング化粧品を探してみて下さい。

どんな、アンチエイジング化粧品を使えばいいの?

本気でおでこのしわを解消したいなら、ほうれい線を消す化粧品でのスキンケアが欠かせませんが、どんな化粧品を使えばいいでしょうか?

私がオススメなのは、
ビーグレンのアンチエイジング化粧品です。


理由はいくつかあるのですが、ビタミンC・コラーゲン・
ペプチド(アミノ酸)といった、しわ解消には欠かせない
栄養分をバランスよく摂取できる
のが一つ。


また、国際特許を取得した、独自の浸透技術をこの化粧品にも採用しているため、
抜群の浸透力があります。



これだけのアンチエイジング化粧品だけあって、値段もやや高めで、
1ヶ月あたり11,000円程度です。
(写真はプレミアセット、2か月分で約22,000円)


ですから、確かに効果は抜群ですし、美容外科のようなリスクはありませんが、
額のしわの悩みが大したことないなら、もっと安い(けど効果の薄い)化粧品を
探した方がいいかもしれませんね。

逆に、多少でも興味を持ったら、365日の返金保証もあることですし、
試してみる価値はあると思います。


ほうれい線は紫外線でできる

「光老化」というものをご存知でしょうか?

紫外線によるダメージは、私たちのお肌に様々な肌トラブルを引き起こします。また、意外に思われるかもしれませんが、私たち女性を悩ませる数々の老化現象の多くは、紫外線によるダメージが原因となっているのです。

これは、アンチエイジングの敵とも呼べるホウレイ線も例外ではありません。

美容のために、日々紫外線対策を行っている女性は多いでしょう。紫外線が引き起こす代表的な肌トラブルといえば、日焼けやシミなどが挙げられますね。美白を意識する女性にとって、絶対に避けたい肌トラブルだと思います。ところが、紫外線によって引き起こされるトラブルはそれだけに収まりません。

私たちのお肌は、何層もの層が折り重なるように構成されています。

ほうれい線などの目立つシワの原因は、お肌の層の中でも真皮と呼ばれる層に存在しているコラーゲンの減少や質の低下が大きな原因となっているのですが、紫外線はこの真皮層にまで行き届き、コラーゲンを破壊してしまうと言われているのです。

コラーゲンはお肌にハリや弾力を与える役割を持っていますので、コラーゲンが破壊されたお肌はつまり、たるみやシワを引き起こしやすい状態になってしまうということですね。

またこれに加え、紫外線が引き起こす乾燥もシワの発生を促してしまうでしょう。ほうれい線だけでなく、目元のちりめんジワなどは乾燥によって発生します。コラーゲンの破壊と乾燥・・・、紫外線は二つの方向からシワを発生させているのです。

若い頃、マリンスポーツやアウトドアなどでよく日に焼けていた方は、シワの発生が早い印象を持ちませんか?その理由は、紫外線による以上のようなダメージが原因だと言えるでしょう。

やはり、美しいお肌を保つためには紫外線対策は欠かせません。日差しの強い夏場はもちろん、一年を通して紫外線は私たちに降り注いでいます。これまで以上に万全の対策をとって、ほうれい線の解消を目指しましょう。

ほうれい線ケア《20代の場合》

ほうれい線、といえば、老けた女性の代名詞とも言えます。そのため、ほうれい線ケアは大人の女性にこそ必要な物だとお考えではありませんか?

ところが、生まれたての赤ん坊のお顔にもほうれい線は存在しているのです。多くの場合、そのホウレイ線が次第に濃く・深くなり、目で確認できるようになった時、「あれれ!?」とケアをスタートさせることになることがほとんどなのではないでしょうか?

しかし早い方では、20代でほうれい線が出てしまう方も珍しくありません。ほうれい線のケアは、早ければ早いほど、より高い効果が期待できるものです。「もしかして・・・」と、気になったのであれば、たとえ20代でも今すぐにケアを始めてください。

ここでは、20代のほうれい線ケアについてお話しいたします。

20代のほうれい線の原因は、多くが乾燥によるものだと言われています。乾燥はスキンケアの基本です。毎日のケアでは保湿を意識して行ってください。

また、マリンスポーツやアウトドアなどで、紫外線にさらされることの多い青春を過ごした方は、とくにほうれい線の発生が早いようです。「光老化」という言葉もあるように、紫外線は私たちのお肌に数々の老化現象を引き起こしてしまいます。

「ちょっとくらい日に焼けてもいいや、思いっきり楽しまなくっちゃ!」という意識が、一歩、また一歩と確実に老化を早めているのです。

日差しの強い夏場はもちろん、紫外線は一年中私たちに降り注いでいます。徹底した紫外線対策を行い、お肌が受けてしまうダメージを軽減させてあげてくださいね。

また、20代はそろそろたるみが気になり始める年頃だと思います。これは10代にはなかった肌トラブルですね。たるみにはコラーゲンの減少なども原因として考えられるのですが、20代の場合、表情筋の低下が大きく関わっていることが多い様です。

普段から無表情なタイプの方は、表情筋の低下によってほうれい線が出来てしまうと言われています。 表情筋のトレーニングを始めたり、表情豊かに生活する心がけをしてみてはいかがでしょうか?

↑ PAGE TOP